FC2ブログ
   
05
2
3
5
6
7
8
9
10
12
15
16
17
18
19
21
24
25
26
27
29
31
   

一番悲しかった事実

医療従事者として、今回の一連の≪被災地の慰問演奏≫について、思うところを書きます。

わたしのところに、「被災地にいって、演奏をしたいと思うのだが・・、とても行ってはいけないような気がする。」

IMCの、仲間たちは、普段から病院や、障害児施設など、とてもデリケートな場所でのコンサートを真摯にやっている人たちですから、やはりそういう話になりました。

わたしは、今回、いろいろなブログを見て、とても心が苦しくてどうしようもありませでした。

被災地で、それも、彼らたちにとっては、≪寝る場所≫であり、≪リビング≫であり、プライベートな場所であるところで、どういう許可か分かりませんが、機材を持ち込み、大きな音を出して、音楽活動をやっている人たち・・・

そして、さらに、≪涙を誘うような歌≫で被災者の方々の心をまた津波の恐怖、家族や友人を失った悲しさから呼び起こしてしまっている・・。

そして、さらに、個人のカメラで避難の方々を写してそれも流している。


とてもとても、苦しくて、どうしてやってしまったの・・・と絶句しました。


ここで深くコメントすることは避けますが・・。


避難所は、、特に寝る場所は、彼らが唯一休む場所です。それも、その場所は、毎日津波や地震の再来の恐怖で眠れなくて昼は転寝をする時間でもあるのです。

ひとそれぞれ、感覚は違うと思うのですが、わたしは、とてもそこで音楽活動は出来ません。入ることすら遠慮します。元気でいる人たちでも、やはり入院していることと同じくらい心のダメージがある人たちです。



常に、相手の立場に立ってみる。


一番大事なことです。


マスコミもひどい取材が山ほどありましたよね。わたしはだんだん、ひどい取材をしているワイドショーは見ないことにしました。


私の友人、プロのミュージシャンが福島のお世話になっているところの避難所に行ったのだそうです。でも、楽器は持っていったものの、とてもそこでは、「演奏できる場所ではなかった」と。
心が痛くて、それどころじゃないとつらそうに話をしていました。


わたしの知り合いたちは、この震災における慰問演奏活動をかなり慎重に進めていました。


音楽は癒しになります。

でも、≪求められたところで演奏する≫≪被災者がその場を選んで座れる場所で演奏する≫

これ以外は、相手にとってどうでしょうか・・・。

行動のまえに今一度考えてみることは大事です。


わたしは、いま、内陸にある避難所のボランティアナースをしていますが、非難している体育館では、やはり入るのも遠慮する場所、休ませてあげたい大事な場所でした。



スポンサーサイト



ボサノバデュオの「konnoduo」さん

ご夫婦でボサノヴァ♪

楽しそうですね~。
すこしつかれたなあ・・と思うとき、わたしは、ボサノバをよく聞きます。

ご夫婦で音楽をやっていらっしゃる方は、素敵だなあと思います。
実は、春に企画を進めていたのですが、このたびの震災で、延期しておりました。

偶然にも、ご主人様のルーツは釜石にアリ。もしいけるのなら、そちらにも行って演奏したいとのこと。
いろいろな想いでのコンサートになりそうです。

9月の連休。盛岡ではなかなか聞くことが出来ない≪ボサノヴァコンサート≫です。
どうぞ、お楽しみに。

詳細は、また近くなりましたらお知らせいたします。

お二人のHP

*IMCでは、みなさまのコンサートをサポートします。
ご出演者大募集中!お気軽にお問い合わせください。

櫻色・桜色・さくらいろまうころ・・

いくたびの櫻
素敵な歌を見つけました。

みなさんは、今年桜を見に行きましたか?

今年は特別でしたね・・・。

物資搬入のために行った大槌町の高台にある公園には、桜がほころんでいました。

これから、毎年、桜の季節には、いろいろな想いが東北の人たちの心に映っていくのでしょう。

桜は咲いたのに、気が付かないうちに、その季節も通り過ぎてしまいました。

花びらが散るのも見ないでしまったくらい、日々が一生懸命でしたね。


でも、長い冬を耐えて耐えて、もうすぐ春。もうすぐ桜と待っていた東北を襲ったのは、
大震災でした。

桜は、わたしたちの心。桜色は私たちの心を映す色・・。


桜の季節のあまりにもひどいこと。だから私たちは、桜を見て復活する。

毎年私たちを励ますように咲き誇る「桜」

毎年、毎年、ありがとう。あなたは美しすぎる。

鎮魂・2011キャンドルナイトinいわて夏至編 6・11

電気を消して
ろうそく


仲間とでもいい、家族とでもいい、恋人とでもいい

一緒にいて気持ちいい人たちと共にすごすライトダウンな時間。

震災で、原発で、東日本は、節減を余儀なくされた。

みんなで、乗り切ろう。

この夏は、みんなの協力がないと、日本は再生できないからね

みんなで電気を消して、プラグを抜いて、ひとつの部屋に集まって・・

いろいろなことを語ろう。

その日は電気をつけないまま、布団に入ろう。

電気はもう普通に使えません。



東日本大震災

2011・3・11

忘れない。



まだ発見されていない方々が一日もはやく見つかって欲しい、そう祈って止みません。

「Spanish connection」 洗練されたその音

imc
(IMC「ゆきあかりコンサート」にて)

フラメンコギタリスト「伊藤芳輝」さん
彼は東京都出身。10才よりクラシックギター-を始め、武蔵野音楽学院にてジャズギターを松木恒秀氏に師事、フラメンコギターを三澤勝弘氏に師事。フラメンコ音楽をコアに置きつつも、ジャズ、民族音楽などのエッセンスを織りまぜ、独特のオリジナリテイーを発揮している日本でも数少ないフラメンコギターの先駆者です。

IMCもこれまでたくさんの伊藤さんのソロコンサートはじめ、彼のユニット≪Spanish connection≫のコンサートでお世話になっています。コンサートの合間には、病院や施設の慰問コンサートにも行って頂いておりますが、どの会場でも、卓越したギターテクニックに、みなさん聞きほれてしまいます。

昨日18日は、スペシャルユニットでの盛岡コンサートでした。
何ヶ月も前に決まっていたコンサートでしたが、この震災において≪チャリティーコンサート≫として盛岡ゾンタクラブさんの主催で行われました。

今回の≪東日本大震災チャリティーコンサート≫スペシャルメンバーは7名。
いつもと違う、女性4人の柔らかな、そして情熱的なストリングスに守られ、伊藤さんのギターますますいぶし銀に光っておりました。

伊藤芳輝さんの、お人柄はとても優しく真摯で、音楽に対する純粋な姿勢は、演奏にも現れ、いつもコンサートでは、心地よいサウンドとして心に響き渡ります。

演奏しているときの笑顔は、いつも穏やかで、メンバーとのチームワークも長年の演奏活動の上に、ゆるぎない安定感を感じさせるステージです。

いつもは主催でゆっくり聞けないのですが、今回は、完全お客様で拝聴させていただきました。
とても贅沢な時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。
震災後、心が痛んでいた私には・・、癒しの時間となりました。
心を開放できる音楽は、やはりすばらしい地球のアイテムです。とくにギターの音色が大好きな私。弦の響きは何度聞いてもいいですね。

大きなコンサートを企画するには、大変な準備があります。今回のステージを作り上げていた方は、岩手町で地域お越しをしていらっしゃるひょうえもん・かきくけ煌の柴田和子社長。彼女の、明るさと行動力は、いつも周りの人を元気にさせてくれます。わたしの憧れの方です。ご本人はダンサーでもあります。そして、地域のために日夜素敵な活動をされております。

たくさんの方が作り上げているコンサート。
2時間があっという間でした。、盛り上がって来た後半には、それぞれのソロ。
女性ストリングスの4人の演奏はとても情熱的で、「かっこよかった」です。

一緒に連れて行った娘も、いたく感動。

コンサートは、いいです。やっぱり。生演奏を身近で聞く。
そんな贅沢な時間はありません。

伊藤さんはじめユニットのコンサートは、「すぺいん倶楽部」さんにて。
ぜひライブを確認して素敵なサウンドを聴きに行ってみてください。

おすすめです。

世の中にはびこる「恐れ」を捨てて・・・

「ハート」から生きることをはじめよう
(音が気になる方は低くしてくださいね。)そこし心をリラックスしてくれるメッセージです。ぼーーーっと眺めてみましょう。

いまも、被災地のみなさんは、津波を目撃した恐怖とそのPTSDに脅かされています。
元気な私たち、働ける私たち、家があるわたしたち、水も、温かい湯も、電気も、ガスも使える私たち、仕事が出来る私たちは、被災地の皆さんのことを思いながら、ひび健康に、生きていく義務があります。

人間には、高度成長のなかに、「ビジネス的恐れ」の感情を埋め込まれました。
これを買わなきゃならない、これのブームに乗らなきゃならない、みんなと同じように行かなきゃならない・・

いろいろな強制的「恐れ」の中にいます。

いまそれを開放し、手放して、動物本来が持つ「ハート」で生きていきましょう。
いや生きていかねばならない時が来ました。

わたしもずっと懸念してきたことですが、今朝友人のメールにとてもいいメッセージがありましたので、ご紹介させていただきました。

いい動画がたくさんあります。こころを開放し、「自分の本物のハート」を探しましょう。

それは、必ず貴方の中に見出せますよ。


心を自然の中に起きましょう・・・。


深く息を吸い込み、大自然の息吹を感じましょう。


今日もみなさんの健康を祈っています。


アンデス音楽楽団「アイレ・モリーオ」団員募集します。

数年前から、準備しておりましたが、代表の調整が出来ず、延び延びでした。
今回、音楽は被災したわたしたちの心をやさしく支えてくれていました。

音楽を聞く、音楽を奏でる。

どちらも、人間の営みに必要な不可欠なものです。


そして世界中に息づいている民族音楽は、常に、わたしたちの心のルーツとなり、その音楽を聴いたとき、なぜかしらその国に思いをはせる瞬間があるのです。

それは、魂が、これまで通り過ぎてきた場所だから。そして一番のメッセージは・・

「地球はひとつであること」です。

音楽は国境がありません。地球をやさしく包む、水や、大地や、空気や、風には、国境はありません。

民族音楽の楽器は、すべて大自然からの賜物です。


神様に豊穣の収穫物をささげ祈るように、大地の楽器を使って奏でることは神様への感謝です。


アイレ・モリーオは、これから慰問演奏はじめ、コンサートを企画できる楽団に成長させていきます。

サポートミュージシャンは、秋田のフォルクローレの父「あるまんど山平」さんです。
ベルヴィエントスコンドルは飛んでゆく
公式HP


ご興味ある方はぜひ、トップ右にあるIMCのメールへお問い合わせください。

震災のなかの音楽

いまだに、大震災がおこり、美しい海岸沿いの街々が波と共に消え去り、たくさんの方々が尊い命を奪われたことが夢であった欲しいと、願うばかりです。

地震だけならどうにか持ちこたえただろうに、日本の大事な大事な財産。人・綺麗な自然・息づいていた街。

いろいろなものが、津波、原発と・・・そしてそれに伴う、経済的ダメージと、精神的集団的落ち込み・・就職難・・。悲しすぎます。

そんな、厳しい状況のなかにいて、「音楽」は、ふとそういうことを忘れることが出来る時間を与えてくれます。

人間は、そんなに強い動物ではありません。
弱音を吐いたり、苦しいと本音を吐いたり、もう無理だ・・と心のままに動いていいのです。

たくさんの方々が、犠牲になった現場を、目撃した人の心のうちは、計り知れない悲しみと悔しさに悲鳴を上げているのです。

医療的な立場から言えば、これから、元気が出て行く人と、やはりどうしても元気がどんどんなくなっていく人の差が大きくなり、それが一番心配なことになります。

元気に差が出れば、弱い人はますます落ち込みます。

いま、被災地にもカウンセリングの方々がたくさん入っていると思います。でもそれよりも、被災地の人を励ますことが出来るのは、現地の同じ経験をした人たちです。同じ苦しみを同じ時間経験したからこそ出来る心のケアがあります。

そういう身近なカウンセラーを「ピュアカウンセラー」といいます。

子どものカウンセラーは「おかあさん」

生徒のカウンセラーは「先生」

自分が尊敬している上司や、同僚、そして普通のトモダチ。



そういう人たちのはたらきはが、きっとこの震災復興を支えていくのでしょう。

どこまでもながい、今までに経験したことがない復興への道。


見える物が復興しても、見えないものも復興しなければ、元気は出てきません。


わたしは、震災後、やはり大好きな音楽を聴いていました。
こころに、安らぎを覚えました。音楽でつなぎました。

音楽は、この震災を持って「世界になければならないもの、人類の栄養」と感じました。


あらためて。

音楽家たちの活動をこれからも見守っていきます。
人々に、愛と勇気を。そして穏やかな未来を・・・。

音楽で生活に安らぎを頂きましょう。



被災地の皆さんの、健康を毎日祈っています。




「音楽家たちは最期までその使命を果たす」



自衛隊音楽隊21年度演奏会・感動した。

火の章「情熱大陸~宇宙戦艦ヤマト~

東京だったら、毎年行きたい。↑

私も吹奏楽部だったので、こういうのを見ると体が鳥肌たちます。


自衛隊の方々は、プロの仕事を現場で今日も続けています。どうか過労死などにならないように、ご自愛され、任務を全うしてください。心から応援し無事を案じています。

ボランティアの方々もお疲れ様です。

今回は、みんなが長く太く、支えていかなければなりません。
毎日心を新たにしています。

各地で、慰問演奏がありますが、被災地はとてもナイーブな場所なので、慎重に演奏活動をしていただきたいと思います。各アーティストさんから、相談されますが、急いでいく場所でもないので、ゆっくり時を見て慰問してくださいとお伝えしています。

すべてのことは、おせっかいにならぬよう・・・。

いまは、ニーズそしてウォンツのみに対応していきましょう。

映画「ニューシネマパラダイス」

いつもは、娯楽の、いろいろなもの・・・
音楽を聴く、テレビを見る、買い物をする、旅行をする、おいしいお食事を楽しむ・・・

この春は、これらのことが、とても人間にとって大事なことを知らされる。
弱った心と体には、いろいろなものが必要だ。

わたしは、映画が大好きだ。もちろん映画の音楽も大好きだ。

特にすきなのは、SFもの。超大作は、必ず映画館のスクリーンで見ている。
お金払った以上の感動で、いつも映画館を出る。

時々は、その中の主人公になりきったり・・
悲しくて泣いているのに、え~~って電気がぱっと付いて。恥ずかしい思い。

音楽も、内容もすばらしいものに、「ニューシネマパラダイス」がある。
イタリアを舞台に、コミカルに、そして愛も友情も家族愛も・・・いろいろな「愛」が映し出される。

人間の幸せの琴線に触れる、いい映画である。

心に響く音楽と共に、映画のあらすじが映し出される、サイト。うまく構成されている。

感動のストーリー

ラストシーンは、涙、涙、涙。


時々は、心を休ませてあげましょう。


仕事の先輩がよく言いました。

「休みは休む!」中途半端は一番疲れるんだからね。

ナースのお仕事は、「休み」が「仕事」でした。



被災地の医療従事者たちが、どんどんパワーが低下してきています・・・。
何処までも続く、悲しい事実。

なにかで、どうか心と体を癒し、また活動にでてください。
毎日お疲れ様です。

これほど、人の助けが必要なときはありません。
困っている人が居たら、手を差し伸べましょう。

みなさんの衣食住に苦労のない毎日が、一日も早く、戻ってくることを祈っています。


いま50の古い映画を見るイベントが開催されています。1年間続けて上映中です。
連休中、足を運んでみませんか?
「午前10時の映画祭」
(各地の上映場所は各県をクリックしてください)

映画を見て、感動して、明日へまた・・・向かっていきましょう。

プロフィール

IMC

  • Author:IMC
  • メールのお問い合わせはこちらへ↓〔☆を@に〕
    ihatobu.music.com
    ☆gmail.com  

      管理ログイン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク