FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つながる「想い」復興に向けて

先日、わたしがお手伝いしている会社の取り組みで、IMCの仲間たちがお手伝いに行く機会がありました。
私の仲間たちは、震災の前にもあとにも、変わりなく、常にボランティア活動をしている方々です。

震災の傷を負った人々の前に立つときに、いろいろな大事な【想い】を共有できる仲間たちです。

今回は初めての被災地支援とういうことでしたのでお願いするときも、コンセプトをお知らせし、
十分に事前準備をして当日を迎えていただきました。

わたしは病院の仕事があり、同行できませんでしたが、アイリッシュの音楽と、手作りのまわり灯篭
の制作体験は、とても好評だったと聞き、ほっとしました。

参加されたみなさんのご協力のおかげでした。

アンプラグドのコンサートですから、ギターとアイリッシュフルート。
お買い物をしながらお客様が足を止めて聞いてくださったり、BGMとして聞いてくださったり、
場が和んだと担当の方から聞きました。
ギターの方は仙台から遠いところご協力いただきました。
感謝です。

当日仙台駅で被災して、ご本人もご親戚の方をなくされた悲しみと、それを乗り越えることと、いろいろな
想いで、この企画に参加してくださったのでした。

心からの想いを、何度も、メールで確認しあい、当日の大事な仕事をしてくださった音楽家のお二人に
感謝です。秋ごろに、クロステラスにてコンサートを行います。アイリッシュのサウンドは日本の
民族音楽にも通じる大自然のいぶきをかんじる音楽です。


そして、もうお一方は、町家「ぴっぴ」の吉田様ご一行様。
ミーティングで、何度もミーティングをしました。
以前、避難所で【ろうそくや、アロマのお香などは、いろいろ思い出すので今まだ出来ません」との
話を聞いたことがあり、それもお伝えしておきました。
もし状況が難しいなら無理には提供しないことも打ち合わせしました。

いま3ヶ月が経ち、皆さんの心はまだまだ癒えませんが、素敵なやさしい色合いの回り灯篭は仮設住宅の
高齢者の方々に大変好評だったとのこと。
みなさんで絵付けをして、20個準備してくださった、灯篭はすぐにみなさんのおうちへをお供した
とのことです。

おばあちゃんたちは孫に持っていったのでしょうか・・・
家で静かにまわしてくださったのでしょうか。。

「お盆にこれ、まわすよ」と微笑でもち帰った方・・・。



心を痛くしながら・・・、みな被災地支援をしています。


イベントには、お互いに相手があり、提供するほうも、受けるほうも、そして
なにかで間に入る人も、すべてが確認をしあい、リスクがないとしたときに、行っていくものです。

わたしたちは、いつも人々にやさしい空気や、水や、風のようなイベントをしていきたいと想います。

求められるところに、求められたものを。人間が試されるときです。

想いを同じであることを確認し、その先に暖かい場が生れるように。


被災地支援は、人の【愛】がある限りこれからも続いていきます。


本物の愛が、たくさんの元気につながっていきます。


いろいろなことを考えた今日の一日でした。




大震災のときに、ラジオから流れる音楽にとても元気付けられた・・(中学校1年生女子)
悲しいことがたくさんあっても、大好きな音楽を聴くと少しの間だけど・・癒された。(40代女性)
祭りの音が聞きたい。復興したら祭りをやるんだ(漁師の方)


音楽は、神様が与えてくれたすばらしい心の薬。



猛暑が来ないことを祈る夏です。


スポンサーサイト

プロフィール

IMC

  • Author:IMC
  • メールのお問い合わせはこちらへ↓〔☆を@に〕
    ihatobu.music.com
    ☆gmail.com  

      管理ログイン

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。